▼好評受付中、「データ・個人情報編」はこちら

 

ビジネス法務講座(オンライン)

重要性を増す法務の基礎を専門家から学ぶ

ビジネスパーソンのための

ビジネスパーソンにとって重要さを増す、法務の知識。

経営者、起業家はもちろん全てのビジネスパーソンにとって、法務の知識は欠かせないものになってきています。

これまで「法律は専門家の仕事」され、弁護士等外部任せにされることが多い分野でしたが、変化のスピードの加速、業務の複雑化は、法務の面においても「まずは自分で考えてみる」ことを求められるようになってきおります。

契約交渉において、自分に法律の知識が十分ないと、タイムリーな意思決定ができないどころか、刻々と変わる交渉状況の中で、相手に対して不利な立場にも立たされかねません。

日常業務においても、自身が法律に熟知せず、「何か問題が起きたら専門家に相談すれば良い」と言ったスタイルで経営を進めることは、極めてリスクの高い行為と言わざるを得ません。法律を押さえることで、社内はもちろん社外において、ことを有利に自体を進めることも可能になります。

実践的な契約、交渉の基礎知識から、会社経営の中で発生する諸法律問題まで、実績豊富な専門家に直接学ぶ。


ビジネスパーソンにとって重要性が増す法務の知識について、コンパクトに学べる講座を企画致しました。

・個々の局面において、具体的にどんな法律知識が必要なのかわからない。

・具体的な法務事例を学んで、社内はもちろん社外でも有利な立場に立ちたい。

・将来、法務担当者になりたい。

そんな方向けの講座です。

法務経験が豊富で、自身でも企業において指導を行う専門家から直接学びます。 

 

<本講座の特徴> 

(1)ビジネスパーソンが押さえておきたい法務の基本知識を網羅。

ビジネスパーソンが日々経営を行うために必須となる法務の基礎知識について、ご説明します。

(2)具体的事例を詳しく解説

具体的事例に基づいて、個別の手法詳しく解説します。これにより「明日から実践できる」法務を学ぶことができます。

(3)実際に業務の流れを俯瞰できる。

実践事例を通じて、単なる学びとしてでなく、活きた知識として法律を学ぶことができます。

 

 

<本講座で得られること、変われること>

(1)ビジネスパーソンが押さえたい法律の知識について理解し、最低限必要な知識を身に着けることができます。

(2)法務業務の遂行に向けて、具体的な実例やワークを通じて、職務内容を実感できます。

(3)法律担当者同士の懇親を深めることができます。

 

 

 

11月11日 データ・個人情報編

データ・個人情報編11月11日開催。申込20名突破しました。

【参加者の皆様へ】

ZooIDの等のご案内を、メールにて発送済です。届いていないという方は、迷惑フォルダ等に振り分けられていないかご確認下さい。

▼教材をご案内のフォルダにアップロード致しました。

11月11日(水)19時~21時 データ・個人情報編。

2時間2,300円で、データ・個人情報に関する法律知識をしっかり学ぶ。

 

今回はデータ・個人情報編を開催します。

ビジネスを進める上で、もはや知らないでは済まされないデータ・個人情報に関する法務知識について、その基本から、データ・個人情報を扱う際に注意すべき勘所から最新の事例まで、経験豊富な弁護士が直接指導します。

データ、個人情報を扱う担当者、責任者の方はもちろん、経営者、起業家の方も、コンパクトに全貌を学んで頂けます。 

<内容>(予定)

昨今、デジタル化 ・DX化に伴いデータ利活用の重要性が叫ばれていますが、残念ながらデータや個人情報のルールに関するノウハウは一般化していません。

特に、個人情報に関するルールに関しては、近年非常に複雑化してきており、誤った情報も流布されています。

ルールが複雑化してきているが故に、本来可能なことが不可能だと思ってしまったり、逆に安易に整理してしまうことで多数の事故も生じているのが現状です。

そこで、本セミナーでは、データ・個人情報に関するルールのうち、皆様の業務や起業に直結する基本的なルールをわかりやすく説明すると共に、想定される具体的なシーンごとに何が問題となるかを紐解き、基本的なルールを身に着けていただくことを目的としています(グループディスカッション等は行いませんのでご安心してご参加ください) 。


基本的なルールを身に着けて頂くと、データ・個人情報の利活用を検討する際の指針になると共に、守りたいデータを守る方法も具体的に浮かび上がります。

 

▼講義第一部 

データの利活用に関して知っておきたい基本的なルール

19:10~19:50

-データ全般の基本的な ルール

-データを活用・保護するために存在する色々なルール

(知的財産権、営業秘密、限定提供データ)

-個人情報に関するルール

-データの契約による保護

-AIとデータ利活用

 

▼講義第二部 

実際のビジネスシーンにおいて基本的なルールを活用する

20:00~21:00

-個人情報の活用によるマーケティングを検討するA社の事例

-製品の重要ノウハウ等の保護を検討するB社の事例

-リモートワークによる情報漏洩リスクに悩むC社の事例

-X社との共同事業におけるデータのやりとりに悩むD社の事例

-個人情報を渡す委託先Y社の管理方法について悩むE社の事例

-社内のAIプロジェクトにおいてデータの利活用を検討するF社の事例

 

など、実際のビジネスシーンにおいてよく問題となる事例において基本的なルールの活用を検討します。

 

※進行状況により内容を一部変更、割愛させて頂く場合があります。

 

 

<申込者特典:録画映像を期間限定で公開>

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。 

 

 

<本講座得られること、変われること>

・データ・個人情報にまつわる基本的な法務知識を身につけることができる。

・データ・個人情報に関する最新事例から法務問題を考えることができる。

・データ・個人情報について、何を注意すべきかの勘所をつかむことができる。

<講師>

横室直樹弁護士)

【主な学歴・職歴 】

京都大学経済学部卒、京都大学法科大学院修了

2014年 最高裁判所司法研修所 修了 虎門中央法律事務所 入所

2017年 LINE 株式会社、LINE Pay株式会社、LINE Financial 株式会社に出向

2018年 弁護士法人漆間総合法律事務所入所(2019年 社員就任)

2019年 Stanford Law School "Understanding of US Intellectual Property Law" 修了

2019年 京都大学経営管理大学院短期集中講座「ファイナンスと企業価値評価」修了

2019年 経済産業省関東経済産業局 令和元年度専門家派遣事業メンター 

【主な業務 】

・投資契約や新株予約権、 J Kiss 等の資本政策関連業務

・IPO 支援業務、MAや事業再編に関する業務

・資金決済法、銀行法等を含む決済

・金融サービスのスキーム設計に関する法務

・個人情報保護法等データビジネスに関する法務

・ブロックチェーン(暗号資産含む)やAI 等の技術を用いた新規事業企画法務

・AML/CFT 等のコンプライアンス関連業務

所属事務所による横室弁護士のプロフィールのリンクはこちら

 

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

11月11日(水)19時~21時(懇親会21時)※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

 

<当日のスケジュール(予定)>オンラインライブ講義

▼オンラインライブ講義

19:00 開会

19:10 講義「ビジネス法務講座 データ・個人情報編」 

20:40 質疑応答

21:00 終了(閉会)

 

▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ

21:00〜21:30 懇親会 

※講師への追加質疑応答、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。

 

<対象>

・データ・個人情報を扱う担当者、責任者の方

・データ・個人情報について学びたい経営者、起業家、ビジネスパーソンの方

※板橋区在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

※弁護士の方の参加はご遠慮下さい。

 

<人数>

50名程度(先着順)

※希望者多数の場合は増席対応することがございます。予めご了承下さい。 

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。テレワークが推奨される昨今、この機会に各自ご準備頂き、オンラインセミナーに習熟して頂ければと思います。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomについては以下をご覧下さい。PC、スマホ、タブレット等があれば、誰でも簡単に利用できると思います。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

※接続練習はこちらから可能ですので、初心者の方は、適宜練習にご使用下さい。

https://zoom.us/test

※設定の仕方がわからない方は、ネット上にQ&Aサイトが数多く存在しますので、そちらを参考にしてください。基本設定に関する個別質問はご遠慮下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

<参加費> 

初回実験特別価格(全2時間、講義+懇親会+資料代込み)

2,300円

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。   

  

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法>NEW

①Paypal、JCB、VISA、Master

イベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いについて板橋区役所より承認されました。

でのお支払いが可能となりました。これまでのような銀行振込の手間もありません。
※EventRegistは、日本経済新聞の子会社が運営するイベント運営プラットフォームです。クレジットカード決済はEventRegist内で行われるため、企業活性化センターにカード情報が通知されることはありません。

※EventRegistについてのご不明な点はこちらを参照下さい。

https://help.eventregist.com/hc/ja/articles/204573757

 

②銀行振込

こちらよりお申し込み下さい(お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

 

 

<手続方法>

①EventRegistよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

②手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。

登録10分。初期登録に若干時間がかかりますが、支払手続まで一気に完了します。

振込支払ご希望の方は、こちらよりお申込下さい(お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

※期限直前に申込されますと、手続が間に合わない場合がありますので、早めにお手続きをお願い致します。

※一度お支払い頂きました代金は、理由の如何を問わず返金致しません。万一当日欠席の場合は、代理の方がご出席下さい。

 

 

③後日、講座案内のメールが届きます。

講座に関してのZoomアドレス、配布資料等については、後日登録アドレス宛メールにてご連絡致します。

 

 

<お問い合わせ>

その他ご不明な点は、どんなことでも以下宛お問い合わせ下さい。

 

板橋区立企業活性化センター ビジネス法務講座担当 宛

kigyoujyuku@itabashi-kigyou.jp  

 

 

 

9月1日 資金調達の法務

*9月1日(火)19時~21時

ビジネス法務講座 資金調達編

2時間2,300円で、金融機関からの融資/投資家からの投資にまつわる法律知識を学ぶ。

 

今回は資金調達編を開催します。

中小企業、ベンチャーを経営する上で必須となる資金調達の局面において、融資/投資を受ける際に必須となる契約の知識について、その基本から、見る際のポイント、交渉の仕方まで、経験豊富な弁護士が直接指導します。

中小企業、ベンチャー経営者、資金調達責任者、担当者の方や、これからなる予定の方はもちろん、投資/融資契約にたずさわれる方、投資/融資に興味のある方も、コンパクトに全貌を学んで頂けます。 

 

<講師>

西原 一幸(弁護士/ニューヨーク州弁護士)

2020年6月より創・佐藤法律事務所。2006年10月の弁護士登録以降、国内大手法律事務所にて、M&A、民事再生を利用した事業譲渡・会社分割、増減資スキームによる会社の再生、一般企業法務、倒産(破産申立て、破産管財事件、民事再生)、不動産に関する紛争・訴訟への対応、不動産取得(デューデリジェンス、契約書レビュー)、不動産ファイナンス(TMK、GK-TK)等を取り扱い、その後、国内大手銀行及び外資系証券会社への勤務を経て、現在、M&A、買収ファイナンス、ベンチャーファイナンス、ファンド、一般企業法務(会社法等の法令対応、各種契約書レビュー、訴訟)等を取り扱う。

 

所属事務所による西原弁護士のプロフィールのリンクはこちら

 

<内容>(予定)

※進行状況により内容を一部変更、割愛させて頂く場合があります。

1   資金調達の手法~株式と融資

2   株式による資金調達

(1) 株式の種類

普通株式、種類株式(優先株式等)、新株予約権

(2) 交渉・ドキュメンテーション(投資契約、株主間契約等)

① タームシートの重要性

② 検討すべき項目、具体的内容とチェックポイント

配当、議決権、金銭対価の取得請求権、普通株式対価の取得請求権、取得条項、みなし清算条項、先買権、タグアロング、ドラッグアロング、希釈化防止、ガバナンス関連(誓約事項、事前同意事項、役員派遣)

③ その他の重要書類(定款、株式発行要項)

3   融資による資金調達

(1) 資金調達手段の種類

金融機関からの借入れ、創業融資制度を用いた借入れ、新株予約権付きローン

(2) 銀行取引約定書、金銭消費貸借契約証書のチェックポイント

利息、損害金、期限前弁済、期限の利益喪失事由、報告・調査条項、誓約事項、保証

4 エグジット(M&A、IPO)

 

■ワーク

投資契約書のタームシートの項目や文言をレビューする。

※グループに分かれてワークを実施しますが、ワークをご希望でない「聞き専(聴講のみ)」の方のご参加も可能です。ワークの時間はお待ち頂く形(休憩時間)となります。 

 

<本講座得られること、変われること>

・ベンチャー企業の資金調達手段について法的に留意すべき事項を知ることができる。

・ベンチャーの資金調達特有の契約条項について学ぶことができる。

・交渉の初期段階から、法的な観点に留意して交渉を行うことができるようになる。

 

 

<申込者特典:録画映像を期間限定で公開>

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。 

 

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

9月1日(火)19時~21時(懇親会21時)※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

 

<当日のスケジュール(予定)>オンラインライブ講義

▼オンラインライブ講義

19:00 開会

19:10 講義「ビジネス法務講座 資金調達編」 

20:40 質疑応答

21:00 終了(閉会)

 

▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ

21:00〜21:30 懇親会 

※講師への追加質疑応答、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。

 

<対象>

・銀行からの融資による資金調達を検討しているベンチャー企業、中小企業、スタートアップの方

・ベンチャーキャピタル等の投資家からの資金調達を検討しているベンチャー企業、中小企業、スタートアップの方

・起業・創業(ベンチャー企業又はスタートアップの設立)を検討している方

※板橋区在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

 

<人数>

50名程度(先着順)

※希望者多数の場合は増席対応することがございます。予めご了承下さい。 

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。テレワークが推奨される昨今、この機会に各自ご準備頂き、オンラインセミナーに習熟して頂ければと思います。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomについては以下をご覧下さい。PC、スマホ、タブレット等があれば、誰でも簡単に利用できると思います。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

※接続練習はこちらから可能ですので、初心者の方は、適宜練習にご使用下さい。

https://zoom.us/test

※設定の仕方がわからない方は、ネット上にQ&Aサイトが数多く存在しますので、そちらを参考にしてください。基本設定に関する個別質問はご遠慮下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

<参加費> 

初回実験特別価格(全2時間、講義+懇親会+資料代込み)

2,300円

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。   

  

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法>NEW

①Paypal、JCB、VISA、Master

イベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いについて板橋区役所より承認されました。

でのお支払いが可能となりました。これまでのような銀行振込の手間もありません。
※EventRegistは、日本経済新聞の子会社が運営するイベント運営プラットフォームです。クレジットカード決済はEventRegist内で行われるため、企業活性化センターにカード情報が通知されることはありません。

※EventRegistについてのご不明な点はこちらを参照下さい。

https://help.eventregist.com/hc/ja/articles/204573757

 

②銀行振込

こちらよりお申し込み下さい(お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

 

 

<手続方法>

①EventRegistよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

②手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。