マインドフルネス実践講座

(オンライン)

米国を中心に科学的、医学的研究が進み、その驚きの効果が立証されつつある「マインドフルネス」。

個人の生産性向上のためのマインドフルネス実践方法を、専門講師から学びます。

 

現在GoogleはじめIT企業や経営者などビジネスやスポーツなどで注目されている”マインドフルネスメディテーション(瞑想)” 自分の行っている所作や動作に意識を置き散漫な思考や特定の心配事に囚われず、物事を先入観なく明晰に動作する力を養うことができるようになります。

 

伝統的な内容ではあるものの、1970年代よりアメリカを中心に科学的・医学的な研究が進み、効果が最も実証されているメディテーションの一つです。2000年代に入ると“マインドフル革命”としてタイム誌やCNNなど各種メディアにて紹介されるようになり、現在では、企業研修、プロスポーツ選手のトレーニング、医療現場など社会のあらゆるシーンにおいて活用されるようになりました。

 

現在のビジネスパーソンは、マルチタスク(同時に複数の仕事・作業を行うこと)環境下で成果を出す事が求められます。さらにこの世界的な大きな変化の中で新しい生活様式や先の見えない不安を抱えている方も多いと思います。

 

本講座では、マインドフルネス瞑想を通じて、自分自身をしっかりみつめて仕事をすすめていくヒントを得たり、日常生活との向き合い方をあらためて考えていく事を目指します。さらに、定期的に実践講座を受講する事で、日々の練習の中での疑問を解消しつつ、マインドフルネスの最も大切な”習慣化”を図ることを目的とします。

 

   

<本講座で得られること、変われること>

▼仕事のパフォーマンスが上がる

ひとつの物事をしっかり考える集中力が身につき、個人の仕事のパフォーマンスも上がるようになります。また、新しい発想に気づけ、創造性の向上につながります。

▼コミュニケーション能力があがる

特定の先入観や固定観念に囚われずそれを手放すことができ、他者への共感力が向上します。その結果、コミュニケーションがよりスムースに変化していきます。

▼ストレスにつよくなる

ストレスの原因は、自分の思考や感情を過度に受け止めることが原因のひとつ。自身の思考を軽やかに受け止める力を身につけ、ストレスにうまく対峙する力をつけていきます。

<講師>

林屋 智子(True Nature  Meditation 公認メディテーションティーチャー)

True Nature Meditation 指導者養成 100時間プログラム修了 。 国内外の企業で培ったマーケティング 経験を活かし、現在は中小企業の海外展開を支援する企業の代表を務める 。特にストレスフルで多忙なビジネスパーソンに対 し、マイン ドフルネス・メディテーションを普及させるべく 、 ワークショップ を 企画 開催 している。

 

■True Nature Meditation について

本講座はニューヨークを拠点に 45年以上の指導歴を持つ、メディテーションの世界的指導者デイビッド・ニックターンにより 、 1000年以上受け継がれる伝統的なメディテーション・メソッドを、 現代の日々の生活にとりいれるかを主題 に、ストレスフルな現代を ⽣きる⽇本⼈に向けて独自に開発した特別プログラム の 入門 編 で す 。

→団体へのリンクはこちら

現在受付中、実施中の講座

▼5月9,23日、6月6,20日 マインドフルネス実践講座 受付中

↓↓↓下の案内をご覧ください。

 

▼4月4,11,18,25日 マインドフルネス1ヶ月集中コース 実施中 

こちらからご覧ください。

5月9日スタート 全4回 マインドフルネス実践講座

全4回で学ぶマインドフルネス実践講座。

理論編では、マインドフルネスの効果、概要、歴史を体系的につかみます。

実践編では、講師と一緒にあなたのマインドフルネスの習慣化を図ります。

 

マインドフルネスは、ビジネスにおける有用性が広く知られるにつれて、ビジネスパーソン必須のスキルとして定着しつつあります。

一方で、人気の高まりとともに、数多くの書籍、インターネットの情報があふれ、「正しい情報の取捨選択ができない」、「全体的な関連性をつかみにくい」、「初心者は何から学んでいいかわからない」といった新たな課題が生まれてきています。

さらに、知識の習得ができたとしても、いざ実践となると、自己流になってしまったり、短期間の実践で留まってしまい、効果が実感できない方も多いかと思います。

今回は、マインドフルネスを体系的に学び、かつ、実践を習慣するための講座をご用意致しました。

理論編では、マインドフルネスの効果、概要、歴史を体系的に学んで頂くことで、マインドフルネスについて全体像をつかんで頂き、以後の学習理解の道標を提供します。

実践編では、講師指導のもと、全体で6週間にわたる講座の中で、マインドフルネスを習慣化することを目指します。

コロナ時代をむかえ、一層不確実性が高まる昨今、講座を通じマインドフルネスを習慣化して頂くことで、生産性向上、ストレス対処力向上につなげて頂ければと思います。

 

 

<本講座の特徴>

(1)理論編では、マインドフルネスを体系的に学べます。

マインドフルネスに関する情報が巷にあふれ、マインドフルネスの全体像、本質が見えにくくなっています。理論編では、マインドフルネスの効果、概要、歴史について体系的に講義致します。また参加者が抱える疑問点に講師が応えます。2時間講座で体系的にマインドフルネスを理解することを目標とします。

(2)実践編では、講師の適切な指導のもと、マインドフルネスの習慣化を図ります。

マインドフルネスが効果を生むためには、8週間の実践が必要と言われています。知識的な理解が進んでも、自分一人ですと習慣化は難しいかと思われます。それどころか指導者のない自己流の実践は、かえって逆効果となる場合もあります。

実践編では、講師の適切な指導のもと、参加者のマインドフルネスの習慣化を目標とします。はじめの6週間講師の指導の下、ペースを保ちながらマインドフルネスを実践頂けます。

(3)実践編では、講師、参加者が一体となれるような学びの場、癒やしの場を提供します。

マインドフルネスの実践の中で、同じ学び、実践を目指す仲間同士の交流は大きな刺激となります。実践編では、講座期間中、講師、参加者の交流が促進される場を提供致します。参加者同士高め合いながら、マインドフルネス実践をより確かなものとして頂けたらと思います。

 

 

<内容> 

■1回目 5月9日(日)9時-11時

マインドフルネス理論・実践編その1

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想の歴史

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想の効果

マインドフルネス瞑想の継続方法

質疑応答

 

■2回目 5月23日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その2

自分の思考プロセスを理解する

 

■3回目 6月6日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その3

思考に捕まる自分を理解する

食べる瞑想

 

■4回目 6月20日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その4

自分の思考のクセを知る

ビジネスでのマインドフルネスの活かし方


▼申込者特典:録画映像を期間限定で公開

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※講義部分のみの録画となります。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

 

 

<本講座で得られること、変われること>

(1)マインドフルネスついて体系的に理解し、今後の学習の道標とすることができる。

(2)全体で6週間にわたるプログラムの中で、マインドフルネスを自分の習慣として定着させるキッカケとなることでできる。

(3)参加者、講師との交流の中で、マインドフルネスへの理解、実践を高めることができる。

 

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

第1日目 理論・実践編1  5月9日(日)9時-11時(懇親会11時~)

第2日目 実践編2  5月23日(日)9時-10時30分

第3日目 実践編3  6月6日(日)9時-10時30分 

第4日目 実践編4  6月20日(日)9時-10時30分(懇親会10時30分~)  

※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

  

<当日のスケジュール(予定)>

オンラインライブ講義

■第1日目 理論・実践編(講義、実践、質疑応答)

9:00 開会

9:10 マインドフルネス理論・実践編

ー講義

ーマインドフルネス実践

ー質疑応答

11:00 終了(閉会)

▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ)

11:00〜11:30 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。 

 

■第2~4日目 実践編  

9:00 開会

9:10 マインドフルネス実践編

ー前週間の振り返り

ー解説 

ーマインドフルネス実践

ー次回までの目標設定

10:30 終了(閉会) 

▼オンラインライブ懇親会(第4日目、希望者のみ)

10:30〜11:00 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。  

  

<対象>

・マインドフルネスを体系的に学びたい方

・マインドフルネスを習慣化したい方

・マインドフルネスのビジネスでの活用に興味が有る方 

※板橋区民向けの格安講座ですが、在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

 【カメラオンでの参加をお願い致します。】

講座では、皆様の座っている様子を見ながら、姿勢、呼吸等について、講師が適切な指導を行います。カメラオンでの参加を必須とさせて頂きます。

 

<人数>

20名限定、先着順)

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomに関しての「よくある質問」はこちらをご覧下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

<参加費> 
13,200円(4回分講座参加費+2回懇親会参加費+テキスト代込)

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。    

 

 

 

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法> 
①クレジットカード払い(JCB、VISA、Master、Paypal)

日本経済新聞社グループが運営するイベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いが可能です。これまでのような銀行振込の手間もありません。
②銀行振込

従来どおり銀行振込でお支払いも承ります。手続中に満席とならないよう、お申込後すみやかに支払手続をお願い致します。 

※支払方法に関する「よくある質問」はこちらをご覧下さい。 

 

<手続方法>

▼STEP1   

イベントレジストよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

 

所要5分

初期登録時には10分程度時間がかかります。

振込支払ご希望の方はこちら。(手続中満席とならないよう、お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

※期限直前に申込されますと、手続が間に合わない場合がありますので、早めにお手続きをお願い致します。

※一度お支払い頂きました代金は、理由の如何を問わず返金致しません。万一当日欠席の場合は、代理の方がご出席下さい。

 

▼STEP2 

手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。 

※振込払いの方へは、自動返信メールで申込受付と振込方法の案内のメールが届きますので、すみやかにお支払いをお願い致します。

 

▼STEP3

後日、講座案内のメールが届きます。

講座に関してのZoom ID、配布資料等については、後日登録アドレス宛メールにてご連絡致します。

  

<お問い合わせ>

よくある質問は、こちらにまとめました。

 

その他ご不明な点は、どんなことでも以下宛お問い合わせ下さい。 

板橋区立企業活性化センター マインドフルネス実践講座担当 宛

kigyoujyuku@itabashi-kigyou.jp 

※電話でのお問い合わせは専属の担当がおりませんので、メールでのお問い合わせがスムースです。 

 

新しい学びに前向きな、先端を行かれる皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

※内容改善のためのご意見を下さい。

※Surveymonkeyが開きます。

マインドフルネス1ヶ月集中コース

過去100名以上の方に受講頂いたマインドフルネス実践講座。

「習慣化が難しい」という皆様の要望にお応えして、

内容はそのまま”最初の1ヶ月に集中する講座”を企画致しました。

これまで企業活性化センターでは、マインドフルネスを身近に感じて頂くため、オンラインで6週間にわたる「マインドフルネス実践講座」を定期的に開催し、毎回好評を頂いてまいりました。

回を重ねる中で、「最初の習慣化までが難しい」「毎週座ることはできないか」という声を頂くようになりました。

そんな皆様のご要望にお応えすべく、これまでのマインドフルネス実践講座を最初の1ヶ月に集中させた講座を企画致しました。

内容はこれまでと同様ですが、講座を最初の1ヶ月に集中させています。

コロナ時代をむかえ、一層不確実性が高まる昨今、講座を通じマインドフルネスを習慣化して頂くことで、生産性向上、ストレス対処力向上につなげて頂ければと思います。

 

 

<本講座の特徴>

(1)マインドフルネスの習慣化に重要な、最初の1ヶ月に集中します。

マインドフルネスが効果を生むためには、6週間の実践が必要と言われています。知識的な理解が進んでも、自分一人ですと習慣化は難しいかと思われます。それどころか指導者のない自己流の実践は、かえって逆効果となる場合もあります。

本講座は、習慣の形成に重要となる最初の1ヶ月に重点をおきます。1ヶ月間毎週集中して講座に参加頂くことで、その後の実践へと続く習慣化のお手伝いをします。

 

(2)理論編でマインドフルネスを体系的に学びます。

マインドフルネスに関する情報が巷にあふれ、マインドフルネスの全体像、本質が見えにくくなっています。理論編では、マインドフルネスの効果、概要、歴史について体系的に講義致します。また参加者が抱える疑問点に講師が応えます。第1回目の講座で体系的にマインドフルネスを理解することを目標とします。

 

(3)実践編では、マインドフルネスの習慣化を図りつつ、講師、参加者が一体となれるような学びの場、癒やしの場を提供します。

実践編では参加者のマインドフルネスの習慣化を目標とします。講座にご参加頂くことで、ペースを保ちながらマインドフルネスを実践頂けます。マインドフルネスの実践の中で、同じ学び、実践を目指す仲間同士の交流は大きな刺激となります。実践編では、講座期間中、講師、参加者の交流が促進される場を提供致します。参加者同士高め合いながら、マインドフルネス実践をより確かなものとして頂けたらと思います。

 

 

<内容> 

■1回目 4月4日(日)9時-11時

マインドフルネス理論・実践編その1

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想の歴史

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想の効果

マインドフルネス瞑想の継続方法

質疑応答

 

■2回目 4月11日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その2

自分の思考プロセスを理解する

 

■3回目 4月18日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その3

思考に捕まる自分を理解する

食べる瞑想

 

■4回目 4月25日(日)9時-10時30分

マインドフルネス実践編その4

自分の思考のクセを知る

ビジネスでのマインドフルネスの活かし方


▼申込者特典:録画映像を期間限定で公開

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※講義部分のみの録画となります。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。 

 

 

<本講座で得られること、変われること>

(1)マインドフルネスついて体系的に理解し、今後の学習の道標とすることができる。

(2)毎週実施するプログラムを活用することで、坐り方を習得し、マインドフルネスを自分の習慣として定着させるキッカケとなることでできる。

(3)参加者、講師との交流の中で、マインドフルネスへの理解、実践を高めることができる。 

 

<参加者の感想から>

・本を読むだけのマインドフルネスを実践する機会となり、良かったです。

・1ヶ月間で、なんとなくですが、穏やかな気持ちになれた気がします。

・これからも毎日欠かさず続けていきたいです。

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

第1日目 理論・実践編1  4月4日(日)9時-11時(懇親会11時~)

第2日目 実践編2  4月11日(日)9時-10時30分

第3日目 実践編3  4月18日(日)9時-10時30分 

第4日目 実践編4  4月25日(日)9時-10時30分(懇親会10時30分~)  

※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

  

<当日のスケジュール(予定)>

オンラインライブ講義

■第1日目 理論・実践編(講義、実践、質疑応答)

9:00 開会

9:10 マインドフルネス理論・実践編

ー講義

ーマインドフルネス実践

ー質疑応答

11:00 終了(閉会)

▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ)

11:00〜11:30 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。 

 

■第2~4日目 実践編  

9:00 開会

9:10 マインドフルネス実践編

ー前週間の振り返り

ー解説 

ーマインドフルネス実践

ー次回までの目標設定

10:30 終了(閉会) 

▼オンラインライブ懇親会(第4日目、希望者のみ)

10:30〜11:00 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。  

  

<対象>

・マインドフルネスを体系的に学びたい方

・マインドフルネスを習慣化したい方

・マインドフルネスのビジネスでの活用に興味が有る方  

※板橋区民向けの格安講座ですが、在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

※マインドフルネスでは、皆様の座っている様子を見ながら、講師が適切な指導を行うためカメラオンでの参加を必須とさせて頂きます。

 

<人数>

20名限定、先着順)

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomに関しての「よくある質問」はこちらをご覧下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

<参加費> 
13,200円(4回分講座参加費+2回懇親会参加費+テキスト代込)

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。    

 

 

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法> 
①クレジットカード払い(JCB、VISA、Master、Paypal)

日本経済新聞社グループが運営するイベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いが可能です。これまでのような銀行振込の手間もありません。
②銀行振込

従来どおり銀行振込でお支払いも承ります。手続中に満席とならないよう、お申込後すみやかに支払手続をお願い致します。 

※支払方法に関する「よくある質問」はこちらをご覧下さい。 

 

<手続方法>現在11名。
※残席数は最新でない可能性があります。最新情報は下記申込ページ(Eventregist)をご確認下さい。

▼STEP1   

EventRegistよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

 所要5分

初期登録時には10分程度時間がかかります。

振込支払ご希望の方はこちら。(手続中満席とならないよう、お申込後すみやかに支払手続をお願い致します)。

※期限直前に申込されますと、手続が間に合わない場合がありますので、早めにお手続きをお願い致します。

※一度お支払い頂きました代金は、理由の如何を問わず返金致しません。万一当日欠席の場合は、代理の方がご出席下さい。

 

▼STEP2 

手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。 

※振込払いの方へは、自動返信メールで申込受付と振込方法の案内のメールが届きますので、すみやかにお支払いをお願い致します。

 

▼STEP3

後日、講座案内のメールが届きます。

講座に関してのZoom ID、配布資料等については、後日登録アドレス宛メールにてご連絡致します。

  

<お問い合わせ>

よくある質問は、こちらにまとめました。

その他ご不明な点は、どんなことでも以下宛お問い合わせ下さい。 

板橋区立企業活性化センター マインドフルネス実践講座担当 宛

kigyoujyuku@itabashi-kigyou.jp 

※電話でのお問い合わせは専属の担当がおりませんので、メールでのお問い合わせがスムースです。

 

 

新しい学びに前向きな、先端を行かれる皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/23 マインドフルネスの科学

アメリカを中心に、科学的研究が進むマインドフルネス。

今回の講座では、マインドフルネスを体験頂きながら、

「マインドフルネスにはどういう効果があるの?」という疑問に応えるべく、科学的研究成果を講師から紹介頂きます。

既にマインドフルネスを実践されている方も、新しい知識を得る場そして「共に座る場」としてご活用下さい。

 

現在、GoogleはじめIT企業や経営者など、ビジネスやスポーツなどでも注目されている”マインドフルネス瞑想”。 自分の行っている所作や動作に意識を置き、散漫な思考や特定の心配事に囚われず、物事を先入観なく明晰に動作する力を養うことができるようになります。現代社会はストレスにあふれています。特にインターネットの登場により、頭で処理しなければいけない情報が爆発的に増え、誰もが脳を使い過ぎている状態です。

 

瞑想は、個人の内的な体験のため科学の対象となりにくかったのですが、1970年代よりアメリカを中心に科学的・医学的に研究され、2000年代に入ると“マインドフル革命”としてタイム誌やCNNなど各種メディアにて、ストレスの緩和や生産性向上に効果があるとして紹介されるようになり、脳科学などの分野で研究が進むようになりました。

 

本講座では「マインドフルネスの状態の時、脳がどのような働きをしているのか?」さらには、マインドフルネスのトレーニングを継続的に実施することで起こる、脳や身体の変化といった内容について、研究事例を紹介します。

併せて、マインドフルネス瞑想の実践を行います。

 

「マインドフルネスがどのようなものか知りたい」という初めての方は、科学的知見からマインドフルネスを読み解き、瞑想を体験頂く場として活用下さい。

マインドフルネス実践講座過去受講者はじめ、既にマインドフルネスを習慣化、実践されている方は、最新の知識を得る場、そして講師、参加者と「共に座る」場、としてご活用下さい。

  

<講座の内容>

– マインドフルネスについて

– 脳の基本的な動きについて

– マイントドフルネスの継続による脳や身体の変化

– マインドフルネス瞑想の実践方法

 

– マインドフルネス実践体験

ー質疑応答

※マインドフルネスに関する世界の研究成果について事例を紹介致します。講師はインストラクターであり、医師、研究者でないため、医学的、科学的見解に基づく診断、アドバイス等はできません。

 

▼申込者特典:録画映像を期間限定で公開

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※講義部分のみの録画となります。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

 

<本講座で得られること、変われること>

(1)マインドフルネスを体験したこと無い方に、科学的知見とマインドフルネスがどのようなものかについて、講義や実際の瞑想を通じて学ぶことができる。

(2)マインドフルネスを実践している方も、研究結果に基づくマインドフルネスと科学の関係について知識を深め、同時に瞑想実践の場として活用することができる。

(3)参加者、講師との交流の中で、マインドフルネスへの理解、実践を高めることができる。

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

3月23日(火)19時~20時30分(懇親会20時30分~)

※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

 

<当日のスケジュール(予定)>

オンラインライブ講義

19:00 開会

19:10 マインドフルネスの科学

ー講義

ーマインドフルネス体験

ー質疑応答

20:30 終了(閉会)
▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ

20:30〜21:00 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。  

 

<対象>

・マインドフルネスを体系的に学びたい方

・マインドフルネスを習慣化したい方

・マインドフルネスのビジネスでの活用に興味が有る方 

※板橋区在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

 

<人数>

50名程度(先着順) 

※希望者多数の場合は増席対応することがございます。予めご了承下さい。

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomに関しての「よくある質問」はこちらをご覧下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

<参加費> 
2,800円(講座参加費+懇親会参加費+テキスト代込)

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。    

 

 

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法> 
①クレジットカード払い(JCB、VISA、Master、Paypal)

日本経済新聞社グループが運営するイベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いが可能です。これまでのような銀行振込の手間もありません。
②銀行振込

従来どおり銀行振込でお支払いも承ります。手続中に満席とならないよう、お申込後すみやかに支払手続をお願い致します。 

※支払方法に関する「よくある質問」はこちらをご覧下さい。 

 

<手続方法>20名突破

▼STEP1   

イベントレジストよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

 

所要5分

初期登録時には10分程度時間がかかります。

振込支払ご希望の方はこちら。(手続中満席とならないよう、お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

※期限直前に申込されますと、手続が間に合わない場合がありますので、早めにお手続きをお願い致します。

※一度お支払い頂きました代金は、理由の如何を問わず返金致しません。万一当日欠席の場合は、代理の方がご出席下さい。

 

▼STEP2 

手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。 

※振込払いの方へは、自動返信メールで申込受付と振込方法の案内のメールが届きますので、すみやかにお支払いをお願い致します。

 

▼STEP3

後日、講座案内のメールが届きます。

講座に関してのZoom ID、配布資料等については、後日登録アドレス宛メールにてご連絡致します。

  

<お問い合わせ>

よくある質問は、こちらにまとめました。

 

その他ご不明な点は、どんなことでも以下宛お問い合わせ下さい。 

板橋区立企業活性化センター マインドフルネス実践講座担当 宛

kigyoujyuku@itabashi-kigyou.jp 

※電話でのお問い合わせは専属の担当がおりませんので、メールでのお問い合わせがスムースです。

 

 

 

新しい学びに前向きな、先端を行かれる皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

12月26日開催 睡眠とマインドフルネス

好評のマインドフルネス講座。

2020年、年末の締めくくりとして、睡眠をテーマに開催致します。

現在の人々は時代の変化によって世の中のスピードはどんどん加速し、私たちの暮らしも頭の中も慌ただしくなっています。それと共に忙しさをカバーするため削られてしまうものの一つが「睡眠」です。

日本人の平均睡眠時間は先進国の中でも特に短いことで知られており、この半世紀では約1時間も短くなっています。

質のよい睡眠は、心と体の健康維持や疲労回復のためにはとても大切なものです。

「眠りたいのに眠れない」それは、忙しすぎる頭の中に原因があるのかもしれません。 

本講座では、マインドフルネス瞑想を通じて、その日に起こった様々な心の動きを沈めゆったりと睡眠を取れることを目的としています。人生の1/3をも占める睡眠、一度見直してみませんか?

 

▼睡眠におけるマインドフルネス3つの効果

・自律神経の安定

興奮や緊張状態の交換神経から、力が抜けリラックスした状態の副交感神経が優位に働きます。

・脳内物質の増加

昼は感情のコントロールや精神の安定を図る「セロトニン」が、夜は睡眠作用や体内時計の調整をする「メラトニン」が誘発されやすくなります。

・不安の減少

不安やイライラの原因は、自分の思考や感情を過度に受け止めることが原因のひとつ。自身の思考を軽やかに受け止める力を身につけ、不安やイライラにうまく対峙する力をつけていきます。

 

 

<講座の内容(予定)>

– 睡眠の基礎知識(体内時計、自律神経、ホルモンの働きなど)

– なぜ眠れなくなるのか、睡眠不足の弊害

– マインドフルネス瞑想の実践方法

– 快眠のための活用方法

※講義中ワークショップとして、実際に瞑想を体験して頂きます。

 

 

<本講座で得られること、変われること>

(1)睡眠とマインドフルネスついて体系的に理解し、今後の学習の道標とすることができる。

(2)参加者、講師との交流の中で、マインドフルネスへの理解、実践を高めることができる。

 

<申込者特典:録画映像を期間限定で公開>

当日の講座の模様は、録画映像にて1週間限定で申込者と共有致します。

当日うまく接続できなかった、都合により参加できなくなった方も、こちらから講座を視聴頂けます。

また当日ご参加頂いた方にも、復習用としてお使い頂けます。

※講義部分のみの録画となります。

※機械の不具合等でうまく録画できない可能性もありますので、極力当日の受講をお勧め致します。 

 

※録画した動画は、後日販売の目的で使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

■実施要領(ご自宅、職場からご参加下さい。)

<日時>

12月26日(土)9時~11時(懇親会11時~)

※日本時間

※プログラムの進行上、前後する場合があります。

 

 

<当日のスケジュール(予定)>

オンラインライブ講義

9:00 開会

9:10 マインドフルネス実践講座

ー講義

ーマインドフルネス体験

ー質疑応答

11:00 終了(閉会)
▼オンラインライブ懇親会(希望者のみ

11:00〜11:30 懇親会 

※講師への追加質問、参加者同士の交流の時間となります。

※ドリンク、スナック等を各自ご準備の上、ご参加下さい。  

 

<対象>

・マインドフルネスを体系的に学びたい方

・マインドフルネスを習慣化したい方

・マインドフルネスのビジネスでの活用に興味が有る方 

※板橋区在住、在勤でなくても受講可能です。世界中からご参加下さい。

【カメラオン推奨】

マインドフルネスでは、皆様の座っている様子を見ながら、講師が適切な指導を行うためカメラオンでの参加を推奨しております。今回の講座ではカメラオンを必須とは致しませんが、可能な限りオンにした上でのご参加をお願い致します。 

 

<人数>

50名程度(先着順) 

 

※希望者多数の場合は増席対応することがございます。予めご了承下さい。

 

 

<各自準備が必要なもの>

講演は、オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催致します。

(1)カメラ、通信環境のある、PC、スマホ、タブレット等

(2)オンライン会議ツール「Zoom」

※Zoomについては以下をご覧下さい。PC、スマホ、タブレット等があれば、誰でも簡単に利用できると思います。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

※接続練習はこちらから可能ですので、初心者の方は、適宜練習にご使用下さい。

https://zoom.us/test

※設定の仕方がわからない方は、ネット上にQ&Aサイトが数多く存在しますので、そちらを参考にしてください。基本設定に関する個別質問はご遠慮下さい。

 

<テキスト>

オリジナル教材を使用しますので、テキストの準備は不要です。

 

 

<参加費>
1,800円(講座参加費+懇親会参加費+教材費込)

※懇親会の飲食物は各自ご用意下さい。    

 

 

■お手続き(支払方法、手続方法)   

<支払方法>

①Paypal、JCB、VISA、Master

イベントプラットフォーム、Event Regist(イベントレジスト)での支払いについて板橋区役所より承認されました。これまでのような銀行振込の手間もありません。 

※EventRegistは、日本経済新聞の子会社が運営するイベント運営プラットフォームです。クレジットカード決済はEventRegist内で行われるため、企業活性化センターにカード情報が通知されることはありません。

※EventRegistについてのご不明な点はこちらを参照下さい。

https://help.eventregist.com/hc/ja/articles/204573757

 

②銀行振込

こちらよりお申込下さい(お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。 

 

  

<手続方法>

①EventRegistよりお申込、お支払いの手続をお願い致します。 

②手続完了後、EventRegistより登録完了のメールが届きます。

 

登録10分。初期登録に若干時間がかかりますが、支払手続まで一気に完了します。

振込支払ご希望の方は、こちらよりお申込下さい(お申込後、すみやかに支払手続をお願い致します)。

※期限直前に申込されますと、手続が間に合わない場合がありますので、早めにお手続きをお願い致します。

※一度お支払い頂きました代金は、理由の如何を問わず返金致しません。万一当日欠席の場合は、代理の方がご出席下さい。

 

③後日、講座案内のメールが届きます。

講座に関してのZoomアドレス、配布資料等については、後日登録アドレス宛メールに てご連絡致します。

 

新しい学びに前向きな、先端を行かれる皆様のお越しをお待ちしております。

 

※内容改善のためのご意見を下さい。

※Surveymonkeyが開きます。

<お問い合わせ>

よくある質問は、こちらにまとめました。

 

その他ご不明な点は、どんなことでも以下宛お問い合わせ下さい。 

板橋区立企業活性化センター マインドフルネス実践講座担当 宛

kigyoujyuku@itabashi-kigyou.jp